文庫本の整理をしていたら、阿刀田高さんの小説が出てきたので

先日、数ある単行本を整理しようと思ってパラパラと眺めていたら阿刀田高さんの本がたくさん出てきた。昔好きだったんだよね、この人の作品は
ちょっと目線を変えさせてくれたり、変化球で面白い発想で楽しませてくれます。
その中でも、左巻きの時計というのがありましてその本を夢中になって読みました。現在単行本というのは、近眼なのに老眼になって自分にとっては読みにくいということもあって敬遠していたのですが、各ショートストーリーがそれぞれに短い刺激を(ぼけた)頭にしてくれるもんでなかなか集中力が途切れませんでした。
昔、ブログを書いていた時に阿刀田高風の記事を書きたいなあと思って頑張ったことがありましたが、そこはそれ理系で文章等はマニュアルぐらいしか書いていなかった私ですから人をうならせる文章なんか、書けるわけがありません。発想だって、時にはいいアイディアも浮かぶのですが書くとなると話は別だし毎日わいてくるでもない。
とそんなことを考えていましたが、肝心の本の整理がまたお預けです。ミュゼ 100円 申し込み