銀河系の中央などについて習得をしました

銀河などについて勉学しました。銀河系の核心すなわちバルジの習性は、年代の古めかしい恒星が集まっていることと、恒星が個々に乱雑なスポーツを行うことによって重力との釣合いを持ち、球状を維持していることです。また、バルジ内にある星瞬間雲のスポーツは銀河系の他のエリアにくらべて極凄いことがわかりました。たとえば、主体から約10000光年のところには水素瓦斯から罹る膨張する指輪が、また主体から約800光年のところには分子雲の膨張する指輪が発見されていらっしゃる。バルジ内的の恒星の個数密度は中心にほど近いほど急激に高くなっていて、星瞬間雲のスポーツ速度は中心に飛び付くほど急激に増加していらっしゃる。最近の観測結果からは、銀河系中心の半径約3輝き太陽以内に日光質量の260万ダブルの質量があることが行渡り、銀河系中心にはブラックホールがあると考えられています。このようなことを覚えましたが、知らなかったことがほとんどだったので、知れて良かったです。ミュゼ カウンセリング予約